たちばな子どもの発達教室たっちのブログ

横浜市鶴見区にある児童発達支援事業所、「たちばな子どもの発達教室たっち」のブログです。 お教室やイベントの情報をお知らせします。 運営:社会福祉法人 立正福祉会

🏠10月の製作🌈

10月に入ってから、運動会があちこちで実施されているようですが、コロナ禍対応で例年より縮小した内容になっているようですね。それでもお子さまたちはダンスやかけっこなど日々の練習に励んでいることを「たっち」にいらしたときにたくさんお話ししてくれています。今年は何かとイベントが減っていますが、お子さまたちにとって、楽しい思い出になると良いなと思っています。

感染症についてはまだまだ不穏なものの、GO TO キャンペーンの効果で、人出が増えているような気がします。自分自身で出来る限りの感染予防に努めながら、少しずつ活動の場を広げていけるようにしたいですね。

さて、今回の放デイの製作は封筒を使って「住みたいお家」を描いてみました。今家にあるものやあったらいいものをそれぞれの部屋に配置するなど、頭の中にあるお家を絵にすることができました。
image
image
image

平日の製作では食べてみたいアイスキャンディーを作りました。虹のアイスやタイガーのアイス、電車やウサギのアイスなど、イメージを膨らませながら、作りたいアイスの色や味、形を想像して作ることができました。

たっちではお子さまが頭の中でイメージしたことを具体的にことばや形にして、表現できるような取り組みをしています。
引き続き、お子さまたの夢いっぱいの製作を作っていきたいと思います。

image


image
image


👻暗闇シアター💡

9月に入り暑さもひと段落していますが、大型台風が接近していて、被害が心配です。

幼稚園も学校も2学期が始まりましたが、今年はコロナ感染症の影響で夏休みは短く、夏の楽しみも少なかったかもしれませんね。

それでもたっちに来ていただいているお子さまは真っ黒に日焼けして、虫取りの話や公園で遊んだことを楽しそうにお話ししてくれました。
お子さまたちはコロナ禍のマスク着用や手洗いなどの新しい生活にも慣れたようで、ソーシャルディスタンスを意識した活動にも協力的に参加してくれています。
まだまだ不穏な毎日が続きますが、せっかく身についた良い習慣を続けつつ、早く安心した生活を楽しみたいですね。

さて今回の放デイでは、暗闇シアターの製作に取り組みました。
チャック付きのポリ袋に絵を描き、袋に黒の画用紙を入れて暗闇にします。その中に黄色の画用紙で作ったライトを入れて、暗闇を照らす仕掛けです。
お子さまたちはそれぞれ夜景や深海、お化け屋敷や迷路をイメージして製作を楽しんでいました。

今回は一部動画も載せますのでお楽しみください。


image
image
image
image
image
image
image

🌻ヒマワリ🌻

夏真っ盛りですが、皆さまいかがお過ごしですか。熱中症アラートが発生されるほどの気温なので、外出するのも憚れますね。

また誰もが経験したことの無い、新型コロナウイルスと共存する生活が長引いていますが、たっちに来室するお子さまたちは、すでにマスクをする習慣が身についていますし、オンライン帰省など、上手に活用しているようで、大人より新しい生活に順応できているようですね。

この特別な夏休みを皆さまが元気に過ごされるよう心よりお祈り申し上げます。

IMG_3192

4月以降更新出来なかった、壁紙がやっと新しくなりました。
満開なヒマワリがたくさんで、見ているだけで元気になる壁紙です。

たっちはこの夏も休みなく開室しておりますので、元気な皆さまのご来室お待ち申し上げております。
ギャラリー
  • 🌸今年度もありがとうございました🌸
  • 🌸今年度もありがとうございました🌸
  • 🌸今年度もありがとうございました🌸
  • 🌸今年度もありがとうございました🌸
  • 🌸今年度もありがとうございました🌸
  • 🌸今年度もありがとうございました🌸
  • 🌸今年度もありがとうございました🌸
  • 🌸今年度もありがとうございました🌸
  • 🌸今年度もありがとうございました🌸